2019年2月16日土曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
二階の、天井板が張れました。
杉板節なしです。とても綺麗ですよ。この後壁に、ボート、杉板を張って行きます。
以上現場から石本でした。

2019年2月14日木曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
ユニットバスが、付きました。
白色をベースに、天井、壁が綺麗ですよ。
以上現場から石本でした。

2019年2月13日水曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
外部のそとん壁下地を、塗っています。
そとん壁下地に、メッシを当てがいコテで塗り押さえて行きます。「壁が割れ難くなります」
大変な作業です。以上現場から石本でした。

2019年2月12日火曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
階段が掛かりました、綺麗な地松です。
家の守り神、阿亀と、国神社⛩の、お札が付きました。
この後、天井を張って行きます。
以上現場から石本でした。

2019年2月8日金曜日

和気の家(平屋・瓦・焼杉板)/大工・赤木

和気の家が完成しました。
3連休は完成見学会を開催しております。
ぜひお越しください。

2019年2月7日木曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) 大工・石本

今日の現場レポートです。
河内電気さんが、電気配線工事をしています。
この御宅で、約450Mの電線が、使われます。
階段の取り付けをしています。
県産材の地松を、使っています、踏板は、4cm有ります。
以上現場から石本でした。

2019年2月4日月曜日

吉永の家 (瓦・庭・そとん壁)/大工・小林

今日はユニットバスの組み立ての日でした。
水平、垂直を見ながら丁寧に組み立てていきます。
洗い場、浴槽、壁、天井と順調に組み上がりました。

2019年2月2日土曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
断熱工事が終わりました、壁、天井にセルロースファイバーがいっぱい入っています。
一階の、床張りが終わりました。
入口枠、サッシ枠を取り付けています。
以上現場から石本でした。

2019年2月1日金曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
越屋根の、サッシオペレーターが、付きました。
取ってを回せば、開閉できます。
一階の床板を張っています。杉板です。
以上現場から石本でした。

2019年1月31日木曜日

吉永の家 (瓦・庭・そとん壁)/大工・小林

1階の床板を張っています。
床板は杉で3センチの厚さがあります。色合わせをして1枚ずつ丁寧に張っていきます。

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
断熱工事をしています。セルロースファイバーを、壁に注入しています。
この後、床板、ボート、杉板を張って行きます。
以上現場から石本でした。

2019年1月26日土曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
本線引き込み工事をしています。高所作業車で、安全第一で作業しています。
左官工事をしています。ラスを張っています網目の中にそとん壁の下地用の材料を、塗り混んで行きます。以上現場から石本でした。

2019年1月25日金曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
森本左官さんが、外部シート(モルタル下地・透湿・防水・防風)を、張っています。
二階の、サッシ枠・入口枠が付きました。綺麗な杉板です。
この後、壁下地をして行きます。

2019年1月21日月曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁) /大工・石本

今日の現場レポートです。
インフルエンザから、復帰の河内電気さんが配線工事をしています。
いつも丁寧な仕事しています。サッシ枠を、取り付けています。この後壁にシート張って行きます。
以上現場から石本でした。

2019年1月17日木曜日

吉永の家 (瓦・庭・そとん壁)/大工・小林

庇が出来上がりました。天井には杉の目透かし板を張っています。

和気の家(平屋・瓦・焼杉板)/大工・赤木

キッチン・洗面所にタイルを貼っています。その他の壁はフェザーフィール仕上げになります。

2019年1月15日火曜日

富町の家(瓦・ウッドデッキ・そとん壁)/大工・石本より

iPadから送信
今日の現場レポートです。
断熱工事をしています。
下の紙と上のかみの、間に断熱材を吹き込んで行きます。
2階床板を張っています。杉板です。
床下に、炭を入れて湿気取ります。
以上現場から石本でした。